「ほっ」と。キャンペーン

タクシー運転手の苦悩の日々を告白


by eggkbpww7p

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 副農相から昇格した山田正彦農相は宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題について首相官邸での会見で「予断を許さない状況。早急に問題解決を図らねばと思う」と述べた。自身の後任となる政府の現地対策本部長は9日に決めるとした。

 また、政府・与党の検討委員会が開門調査の実施を結論づけた国営諫早湾干拓事業(長崎県)については「赤松(広隆)前農相の意向をしっかり聞き、改めてどうするか考えたい」と述べるにとどまった。この問題では山田氏の地元・長崎県が開門に反対している。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:ワクチン接種、国が全額補償へ 山田前副農相
菅内閣:農相に山田氏昇格
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 小選挙区・九州(その1)
口蹄疫:ワクチン接種、国が全額補償−−山田前副農相
山田前副農相昇格:「対応遅い」「現場知ってる」 口蹄疫 宮崎の評価二分

最もイメージの良いアスリート、トップはあの野球選手(Business Media 誠)
<りそな銀>印紙税2億5000万円納付漏れ 国税局指摘(毎日新聞)
<交通事故>ワゴン車とトラックが衝突 5人死傷…宮城(毎日新聞)
「交代効果」で民主支持率上昇、自民に危機感(読売新聞)
<JR武蔵野線>新小平駅で220メートルオーバーラン (毎日新聞)
[PR]
by eggkbpww7p | 2010-06-11 21:28
 福島県は、結婚相手を探す「婚活」専用のホームページ「(仮称)若者交流支援ネット」を7月に開設する。

 出会いの場を求める男女のために、県内の婚活イベントや支援団体の情報を積極提供して少子化に歯止めをかけるのが狙いだ。

 県が2008年度実施した、県内の20〜59歳の男女を対象としたアンケート調査では、独身でいる理由について「異性と出会う機会そのものがない」(29・4%)の回答が上位につけた。

 このため県は今年度、若者交流促進事業として約1000万円の予算を計上。県内の婚活支援団体が集まって情報交換するネットワーク構築などの各種施策を展開し、4月下旬からは、若者の交流を支援するイベントやセミナー、相談事業を実施する会社や団体、NPO法人、市町村を「若者交流応援団体」として募集している。

 「若者交流支援ネット」では、県の審査を経て登録された「応援団体」について、活動内容や所在地、連絡先などの詳細な情報を掲載する。営利目的の紹介事業者などは除外し、県が事前審査した団体だけを載せるため、県子育て支援課は、「県のお墨付きということで、安心して利用してもらえるのでは」とする。

 また、現在構築中の「うつくしま若者交流ネットワーク」を活用し、「応援団体」や県が主催するパーティーなどの食事会、スポーツや農作業、ボランティア活動などを介したものなど、県内で行われる各種婚活イベントの情報を一括収集し、提供する。

 このほか、希望者に対してイベント情報などを届けるメールマガジンの配信、市町村や商工・農業団体など、常設の婚活に関する相談窓口の紹介も行う。

 県子育て支援課の野川清和課長は「今は国をはじめ各都道府県、市町村でも婚活支援に力を入れている。情報をどんどん活用して出会いの場に飛び込んでもらい、それが少子化対策につながれば」と期待している。

<交通事故>保育園のワゴン車が衝突 園児ら10人病院へ(毎日新聞)
部活中の重体事故、教諭の暴行罪「不起訴不当」(読売新聞)
シドニーのミニパト!? アルファロメオ MiTo、警察に配備(レスポンス)
<口蹄疫>宮崎・えびの市の全農家陰性(毎日新聞)
「ばかな会合だった」石原都知事は途中退席(読売新聞)
[PR]
by eggkbpww7p | 2010-06-01 23:11